下仁田館物語

 中仙道の脇往還(通称:上州姫街道)の宿場町として、蚕種・生糸・砥石・木材など、産業の集積地であり、栄華を極めた下仁田で、明治の頃より皆様にご愛顧いただいております。
 大正期に現在の場所へ移転し、「割烹 山口亭」から「割烹旅館 下仁田館」と屋号を変え現在に至っております。
 開業当初は、産業の発展とともに下仁田が最も華やかで雅な時であり、当館では現在の青岩公園に出張所を出し、船遊びをしながら、芸者衆と酒を酌み交わす演出を行っておりました。

 二代目女将の弟にあたる坂慶山は、近代の名品として文化庁より保存を要請された桃 山四条派の最後の人と呼ばれた日本画家です。
当館では、坂慶山が大正期に残した数々の日本画を展示し、古い建物に彩を添えています。
 坂慶山は、その描く線の美しさに定評があり、木村武山に才能を見いだされ、仏画を 多く描いた画家であり、飯田市へ木村武山とともに訪れた記録も残り、岩崎新太郎コレクションにも収められています。

下仁田館歴史写真?  下仁田館歴史写真? 下仁田館歴史写真? 画像をクリックすると拡大します 画像をクリックすると拡大します 画像をクリックすると拡大します 下仁田館歴史写真?  下仁田館歴史写真?
画像をクリックすると拡大します 画像をクリックすると拡大します